木材を使って家を作る関西住宅販売


家作りにおいて、木材は様々なメリットがあります。
木材は軽くて加工がしやすく、
間取りや外観デザインが他の材質に比べて自由に設計出来ます。
木材なら条件の悪い場所でも家を建てることが出来ます。
ライフスタイルの変化により家を増改築したり、
修理をする場合はコンクリート建築に比べて木材なら手軽に行えます。
関西住宅販売は木材を使って家を作っています。
木材ならば湿度が高い時は室内の湿気を吸収し、
乾燥すると水分を放出して室内を一定の湿度に保ちます。
寒い冬ならば温度と湿度のアンバランスが起こる結露防止にも役立ちます。

関西住宅販売ではエンジニアウッドという木材を利用しています。
一般木材が持つ様々な欠点を克服し、強度や耐久性に優れた建築部材です。
通常の製材に比べると構造強度と安定性が非常に高く、
ムク材の反りや割れ、強度のムラなどのデメリットを解決した木材です。
また、関西住宅販売が使うエンジニアウッドは火災やシロアリに強く、
品質が安定してます。
厳密なチェックもクリアしている木材です。

その木材を使い、関西住宅販売では日本家屋の伝統的工法として
古くから使用され信頼性の高い木造軸組工法を採用しています。
木が本来持つ湿度をコントロールする調湿効果や、
光や音を適度に吸収する反射抑制効果、気分をリフレッシュするアロマ効果。
これらのメリットを木造軸組工法で実現します。
関西住宅販売なら使い勝手のいい木材を使い、
高性能・高耐震・高耐久を実現した家を作ります。
木材による様々なメリットを持つ、住みやすい家です。